グローバル マーケティング ラボは、企業様から多くの定評を頂く、海外市場調査実績をご紹介しております。

海外市場調査のグローバル マーケティング ラボ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6459-0162

お問い合わせ

海外市場調査実績

  • HOME
  • 海外市場調査実績(ドイツ|ロシア・ヨーロッパ)

  中国、アメリカ、イギリス、ドイツ、インド、インドネシア、タイ、ベトナムといった注目国をはじめ、世界各国と強力なネットワークを構築し、これまで40か国以上の海外市場調査の実績を有しております。
『足で稼ぐ生きた情報の収集』を基本的な姿勢として、「常にマーケットに聞く」という現場主義のもと、1967年の設立以来、国内及び世界各国のBtoB領域の市場調査・マーケティングリサーチを行っております。
私たちは自社独自の経験・ノウハウとコネクションを活用するとともに、提携・協業先のローカルネットワークのコネクションを効果的に活用することで、基礎情報の収集からヒアリング・インタビューによるデプス調査まで良質な情報をご提供いたします。

地域/エリアから選ぶ

業種一覧から選ぶ

ドイツ|ロシア・ヨーロッパ

46件

新型コロナ禍における特定医療用品の需要・供給状況に関する調査

  • アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、タイ、マレーシア、中国
  • 新型コロナ禍において需要が急増している製品の設備投資に関する判断を行うため、特定医療用品の需要および供給状況について把握するとともに、コロナ収束後の見通しについても関係者にヒアリングを行った。
  • 特定医療用品メーカーなどに対するヒアリング
    オープンデータの収集
  • 2ヶ月程度

エアバック市場調査

  • アメリカ、ドイツ、韓国、中国
  • エアバックのマーケット規模及び成長性を予測するため
  • 関連メーカー等を対象にインタビュー調査
  • 3ヶ月程度

海外環境規制の実態と動向 2020年版

  • 中国、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インド、ドイツ、フランス、EU
  • 日本企業が海外において生産拠点を設置する際や、自社が保有する製品・システム・ソリューションを輸出展開する際において、必ず課題となってくるのが各国の環境関連の規制・動向の把握である。ただし、海外各国における環境関連の法規制は情報の所在が散在しているうえに、複雑かつ流動的であることから、それらの情報を一元的・体系的に把握するのは困難となっている。
    このような背景のもと、本調査レポートでは、水質汚濁、大気汚染、廃棄物処理の3分野につき、発展著しいアジア諸国ならびに環境対策で世界を先行する欧州、ならびにアメリカを対象に、①各種環境規制を管轄している担当省庁がどこなのか、といった行政の構造を把握した上で、②具体的な法規制とその概要を体系的に把握し、③さらには変化が著しい法規制や政策の動向に関する情報を収集し、整理分析することで、日系企業が海外進出を計画する上で必要となる基礎情報を提供するものである。
  • 調査対象国の環境規制法規情報(水質汚濁、大気汚染、廃棄物処理)
    調査対象国の政府機関や公的機関が発行しているレポート、声明、リリースなどのオープン情報収集・分析
    調査対象国における企業の環境分野の取り組みに関する情報・事例収集
  • 3ヶ月程度

詳しくはこちら

冷媒回収再生に関する調査

  • ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー
  • 冷媒の回収再生の実態を把握する目的で調査を行った。
  • 冷媒ディストリビューター及び冷媒再生事業者にヒアリングを実施
  • 3ヶ月程度
Pagetop
調査のご依頼やご質問はお気軽にお問い合わせください。
03-6459-0162
受付:平日9:00~17:30